化学生命工学部と商学部の学生が開発した冷凍お餅「和neチャージS」
和neチャージS

化学生命工学部と商学部の学生が開発した冷凍お餅「和neチャージS」

5 years ago

和菓子店「浜寺餅河月堂」(大阪府堺市)がコラボレーションで、アスリートのための冷凍お餅を開発。河原教授が世界で初めて実用化した不凍タンパク質技術により、冷凍した後の自然解凍でもやわらかな餅の食感が楽しめ、気軽に効率よく、そしておいしくエネルギー補給を可能にする。さらに商学部の学生が不凍タンパク質のビジネスプランを考える講義を受け、学生たちが化学生命工学部の研究室を訪れた。このお餅の商品名「和neチャージS」やキャッチフレーズも商学部生が考案。4月から販売され、好評を博している。