赤雪って何?

赤雪って何?

3 years ago

雪の表面が,真っ赤にみえる赤雪(あかゆき)という現象がありますが,なぜか知っていますか?

赤雪の正体は雪氷藻類

http://www-es.s.chiba-u.ac.jp/~takeuchi/snowalgae_j.htmlに掲載(一部改変)。

雪氷藻類(せっぴょうそうるい)とは、雪や氷の表面で繁殖する特別な藻類のことです。雪氷藻類

雪氷藻類は、世界中の雪渓や氷河の表面から、報告されています。雪の表面が、真っ赤にみえる赤雪(あかゆき)という現象がありますが,これは赤い色素をもつ雪氷藻類が大繁殖したものです。ちょうど、海で赤いプランクトンの増殖が赤潮を作るように,雪の上でも,雪氷藻類の大繁殖が雪を赤くするのです。ほとんどの雪氷藻類は,緑藻と呼ばれる仲間と、シアノバクテリアと呼ばれる仲間です。雪氷藻類について研究された例はまだまだ少ないのですが、分類学的,生理学的研究が最近少しずつ行われるようになり、ある分類の研究によれば、100種以上もの雪氷藻類が記載されています.雪氷藻類は、雪や氷の上に生活する昆虫などの動物の餌となっています. Chlamydomonas nivalisとして同定されています。この研究は、千葉大学大学院理学研究科の竹内先生のグループが有名です。