メンバー
天然工学研究室のメンバー紹介

天然工学研究室のメンバー

member

河原秀久

関西大学化学生命工学部 生命・生物工学科教授

学歴・職歴

  • 1986岡山大学農学部農芸化学科卒業
  • 1991年:岡山大学大学院自然科学研究科博士課程修了(学術博士)
  • 1991年:関西大学工学部生物工学科助手
  • 1994年:関西大学工学部生物工学科専任講師
  • 1997年:関西大学工学部生物工学科助教授
  • 1998年8月~1999年8月:関西大学在外研究員として、カナダ・オンタリオ州 Waterloo大学 生物学科 のBernard R. Glick教授のもとで
  • 「Characterization of an Antifreeze Protein from P. putida GR12-2」の研究
  • 2007年:関西大学化学生命工学部生命・生物工学科准教授
  • 2013年:関西大学化学生命工学部生命・生物工学科教授 現在に至る。

専門分野

  • 天然素材工学
  • 生物機能開発工学

主要研究テーマ

生物由来不凍タンパク質(関連物質)の構造解析とその応用開発に関する研究、食品未利用資源の新規有効利用の開発に関する研究、天然物からの食品物性制御物質に関する研究、地衣菌の培養方法に関する研究、防霜剤に関する研究など。最近では、氷結晶制御物質を用いた細胞・臓器保存液の研究も着手している。

研究経歴

学生時代では、好酸性従属栄養細菌の生理学的研究を行っていたが、関西大学生物工学科に勤務とともに、微生物など天然素材を用いた応用研究に着手。有用タンパク質、物質の検索を行うとともに、特に、企業との共同研究を重視し、特許出願を前提に研究を進めて、工業化を視野においている。

主な学会活動

  • 日本生物工学会(代議員・生物工学教育委員)
  • 日本農芸化学会
  • 日本防菌防黴学会(理事、企画委員)
  • 日本食品工学会(代議員・編集委員)
  • 低温生物工学会(理事)
  • 日本地衣学会
  • 日本雪氷学会
  • 日本冷凍空調学会

受賞

  • 2000年度日本農芸化学会BBB論文賞
  • 関西大学 科学技術振興会 学の実化賞 受賞(2005)
  • 関西大学 科学技術振興会 産学連携賞 受賞(2006)
  • ナレッジキャピタルイノベーションアワード2013 モノ作り部門オーディエンス賞(2014)
  • 日本工学教育協会 工学教育賞(2014)
  • 文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門) 受賞(2015)
  • 関西大学 科学技術振興会 学の実化賞 受賞(2015)
  • 文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門) 受賞(2016)
名前 研究G 取組み
 PD  高橋結  G3  A
 M2  荒西佳織  G3  AB
 高島望花  G2  AB
 田川絵理  G1B  A
 M1  鍵山輝成  G1B  A
 平沢朱美  G1B  A
 B4  今井優希  G2  AB
 岩佐遥  G3  B
 杉本政弥  G1A  B
 提彩綾  G1A  B
 冨士剛宏  G1B  AB
 椋真理菜  G3  B
 村上遼  G1A  AB
 竹中裕貴  G2  B
事務補佐員  豊後尚子
      • 研究G;G1A 氷結晶制御物質に関する研究(食材、食品)
        G1B 氷結晶制御物質に関する研究(化成品、医療)
        G2  食品物性を制御する素材に関する研究
      • G3  食品・化粧品・環境素材開発に関する研究
  •  研究取組み A 基礎研究を重視した研究  B応用研究を重視した研究