研究業績
gyouseki_1

研究業績

  1. H. Kawahara, K. Inagaki, N. Kishimoto, T. Sugio and T. Tatsuo
    Effects of Polyamine on the Growth of Acidiphilium facilis 24R under Acidic Condition, Agric. Biol. Chem., 55(3), 679-685 (1991).
  2. 小幡 斉、谷口公男、河原秀久
    氷核活性細菌を含有するアルギン酸アルミニウムカプセルによる海水ジメチルスルホキシドおよびアルコール水溶液の凍結、日本食品低温保蔵学会誌、17(9), 140-145 (1991)。
  3. H. Obata, S. Tanahashi and H. Kawahara
    Sensitivity of Ice-Nucleating Bacteria to Ultraviolet Irradiation, J. Antibact. Antifung. Agents, 20(1), 9-12 (1992).
  4. H. Obata, M. Okada, H. Kawahara and T. Tokuyama
    Inactivation of Ice-nucleating Activity of Pseudomonas fluorescens KUIN-1 by Glucose-Alkaline Degradation Products and Copper Ion System, J. Antibact. Antifung. Agents, 20(5), 235-240 (1992).
  5. H. Obata, S. Tanahashi, H. Kawahara and T. Tokuyama
    The Effect of Folmalin on Ice-nucleation Activity by Pseudomonas syringae, Chemistry Express, 7(11) 881-884 (1992).
  6. H. Obata, T. Tanaka and H. Kawahara
    Isolation and Characterization of a Branhamella Strain That Degrades Bitumen in the Presence of n-Tetradecane, Biosci. Biotechnol. Biochem., 57(5), 837-838 (1993).
  7. H. Kawahara, M. Kusumoto and H. Obata
    Isolation and Characterization of a New Type of Collagenase Produsing Bacterium, Bacillus alvei DC-1, Biosci. Biotechnol. Biochem., 57(8), 1372-1373 (1993).
  8. H. Kawahara, Y. Hayashi, R. Hamada and H. Obata
    Effects of Polyamines on the Ice-nucleating Activity of Erwinia uredoboa KUIN-3 , Biosci. Biotechnol. Biochem., 57(9), 1424-1428 (1993).
  9. Kawahara, Y. Mano and H. Obata Purification and Characterization of Extracellular Ice-nucleating Matter from Erwinia uredovora KUIN-3. Biosci. Biotechnol. Biochem., 57(9), 1429-1432 (1993).
  10. Obata, T. Tanaka, H. Kawahara and T. Tokuyama
    Properties of Cell-Free Ice Nuclei from Ice Nucleation-Active Pseudomonas fluorescens KUIN-1, J. Ferment. Bioeng., 76(1), 19-24 (1993).
  11. Tsuchido, H. Takenouchi, H. Kawahara and H. Obata
    Evalution of Bacterial Injury by Image Analysis of Cell Motion, J. Ferment. Bioeng., 78(2), 19-24 (1994).
  12. 小幡 斉、河原秀久
    Erwinia uredovora KUIN-3由来の菌体外氷核生成化物質について、低温生物工学会誌、40(1)、43-49(1994).
  13. H.Kawahara, Y. Mano, R. Hamada and H. Obata
    Role of Spermidine in the Ice-nucleating Activity of the EIM from Erwinia uredovora KUIN-3, Biosci. Biotechnol. Biochem., 58(12), 2201-2206 (1994).
  14. Obata, H. Kawahara, T. Tokuyama, H. Ikugawa and T. Tsuchido
    Induction of Cell Lysis with Sodium Citrate in Ice-nuckeating Xanthomonas campestris pv. translucens, J. Antibact. Antifing. Agents, 23(4), 221-226 (1995).
  15. Kawahara, Y. Tanaka and H. Obata
    Isolation and Characterization of a Novel Ice-nucleating Bacterium, Pseudomonas sp. KUIN-4, Which Has Stable Activity in Acidic Solution, Biosci. Biotechnol. Biochem., 59(8), 1528-1532 (1995).
  16. Kawahara and H. Obata
    Identification of a Compound in Spices Inhibiting the Ice-nucleating Activity of Erwinia urdovora KUIN-3, J. Antibact. Antifing. Agents, 24(2), 95-100 (1996).
  17. Kawahara, H. Ikugawa and H. Obata
    Isolation and Characterization of a Marine Ice-nucleating Bacterium, Pseudomonas sp. KUIN-5, Which Produces Cellulose and Secretes It in the Culture Broth, Biosci. Biotechnol. Biochem., 60(9), 1474-1478 (1996).
  18. Kawahara, I. Nagae and H. Obata
    Purification and Characterization of a New Anti-Nucleating Protein Isolated from Acinetobacter calcoaceticus KINI-1, Biocontrol Science, 1(1), 11-17 (1996).
  19. Kawahara, F. Hirai and H. Obata
    Antibacterial Effect of ω-Cyclopentane Fatty Acids Synthesized by Bacillus subtilis 626 from Cyclopentane Carboxylic Acid, Biocontrol Science, 1(1), 69-72 (1996).
  20. Obata, H. Kawahara and A. Sugiyama
    Microbial Transformation of Carbazole to Indole-3-acetic Acid by Flavobacterium sp. OCM-1, Biosci. Biotechnol. Biochem., 61(3), 525-526 (1997).
  21. Obata, A. Sugiyama, H. Kawahara and T. Muramatsu
    Purification and Properties of an Aminopeptidase from a Protamine-degrading Marine Bacterium, Biosci. Biotechnol. Biochem., 61(8), 1102-1108 (1997).
  22.  Obata, H. Ishigaki, H. Kawahara and K. Yamade
    Purification and Characterization of a Novel Cold-regulated Protein from An  Ice-nucleating Bacterium, Pseudomonas fluorescens KUIN-1., Biosci. Biotechnol.   Biochem., 62(11), 2091-2097 (1998).
  23. Kawahara and H. Obata
    Production of Xanthan gum and Ice-nucleating Matter from Whey by Xanthomonas campestris pv. translucens., Appl. Microbiol. Biotechnol., 49, 353-358 (1998)
  24. Kawahara, M. Matsushita, K. Yamade, and H. Obata
    The Control of the Production and Secretion of Extracellular Ice-nucleating   Material of Erwinia uredovora KUIN-3, Biocontrol Science, 4(4), 9-16 (1999).
  25. Obata, N. Muryoi, H. Kawahara, K. Yamade, and J. Nishikawa
    Identification of a New Ice-nucleating Bacterium of Antarctica Origin and its Ice  Nucleation Properties, CRYOBIOLOGY, 38(2), 131-139 (1999).
  26. Obata, H. Kawahara, K. Yamade, and M. Ito
    Identification of Carotinoids in an Aerobic Sporeformer (Bacillus alvei) and  Culture Conditions, Nippon Shokuhin Kagaku Kaishi, 47(2), 163-167 (2000).
  27. Matsukawa, T. Yagi, H. Matsuda, H. Kawahara, I. Yamamoto, J. Matsuoka, and N. Tanaka
    Ascorbic Acid 2-Glucoside Prevents Sinusoidal Endothelial Cell Apoptosis in Supercooled Preserved Grafts in Rat Liver Transplantation., Transplant. Pro., 32(2), 313-317(2000).
  28. Koda, M. Aoki, H. Kawahara, K. Yamade, and H. Obata
    Characterization and Properties of Intracellular Proteins after Cold Acclimation  of the Ice-nucleating Bacterium, Pantoea agglomerans (Erwinia herbicola),    IFO12686, CRYOBIOLOGY, 41, 195-203 (2000).
  29. Kawahara, K. Masuda, and H. Obata
    Identification of a Compound In Chamaecyparis taiwanensis Inhibiting the Ice-nucleating Activity of Pseudomonas fluorescens KUIN-1, Biosci. Biotechnol. Biochem., 64(12), 2651-2656 (2000).
  30. H. Kawahara, N. Koda, M. Oshio, and H. Obata
    A Cold Acclimation Protein with Refolding Activity on Frozen Denatured Enzyme,Biosci. Biotechnol. Biochem., 64(12), 2668-2674 (2000).
  31. Koda, T. Asaeda, K. Yamade, H. Kawahara, and H. Obata
    A Novel Cryoprotective Protein (CRP) with High Activity from the Ice-nucleating  Bacterium, Pantoea agglomerans IFO12686, Biosci. Biotechnol. Biochem., 65(4),  888-894 (2001).
  32. Kawahara, J. Li, M. Griffith, and B.R. Glick
    Relationship Between Antifreeze Protein and Freezing Resistance in Pseudomonas putida GR12-2, Curr. Microbiol., 43(5), 365-370 (2001).
  33. Yamashita, N. Nakamura, K. Omiya, J. Nishikawa, H. Kawahara, and H. Obata
    Identification of an Antifreeze Lipoprotein from Moraxella sp. of Antarctic Origin, Biosci. Biotechnol. Biochem., 66(2), 239-247 (2002).
  34. Koda, Y. Inada, S. Nakayama, H. Kawahara and H. Obata
    Response of the Ice-nucleating Bacterium Pantoea ananas KUIN-3 during Cold Acclimation, Biosci. Biotechnol. Biochem., 66(4), 866-868 (2002).
  35. Yamashita, H. Kawahara and H. Obata
    Identification of a Novel Anti-ice-nucleating Polysaccharide from Bacillus thuringiensis YY529, Biosci. Biotechnol. Biochem., 66(5), 718-724 (2002).
  36. Kawahara
    The Structure and Functions of Ice Crystal-Controlling Proteins from Bacteria, J. Biosci. Bioeng., 94(6), 492-496 (2002).
  37. Muryoi, K. Matsushita, K. Yamade, H. Kawahara and H. Obata
    Purification and Properties of an Ice-Nucleating Protein from Ice- Nucleating Pantoea ananas KUIN-3, N. J. Biosci. Bioeng, 95(2), 157-163 (2003).
  38. Muryoi, K. Matsushita, K. Yamade, H. Kawahara and H. Obata
    Purification and Properties of an Ice-Nucleating Protein from Ice- Nucleating Pantoea ananas KUIN-3, N. J. Biosci. Bioeng, 95(2), 157-163 (2003).
  39. Muryoi, H. Kawahara, and H. Obata
    Properties of a Novel Extracellular Cell-free Ice Nuclei from Ice-nucleating Pseudomonas antarctica IN-74, Biosci. Biotechnol. Biochem., 67(9), 1950-1958 (2003).
  40. Kawahara, M. Matsushita, A. Hirai, S. Kitao and H. Obata
    Textural Change of Freeze-dried Agar and Gelatin in the Presence of Ice Crystral-controlling Proteins, Jpn. J. Food. Eng., 4, 137-143 (2003).
  41. Muryoi, M. Sato, S. Kaneko, H. Kawahara, H. Obata, M. WF Yaish, M.Griffith and B. R. Glick
    Cloning and Expression of afpA, a Gene Encoding an Antifreeze Protein from the Arctic Plant Growth-Promoting Rhizobacterium Pseudomonas putida GR12-2, J. Bacteriol., 186, 5661-5671(2004).
  42. Obata, N. Muryoi, H. Kawahara and A. Nishiyama
    Purification and characterization of uridine phosphorylase from ice-nucleating bacterium, Pantoea agglomerans NBRC12686. Cryo.lett., 25, 195-204 (2004).
  43. Kawahara, Y. Nakano, K. Omiya, N. Muryoi, J. Nishikawa and H. Obata
    Production of two types of ice crystal-controlling proteins in Antarctic Bacterium, J. Biosci., Bioeng., 98(3), in press (2004).
  44.  Hitoshi Obata, Satoko Fukumoto, Naomi Muryoi, Hideaki Kawahara, and Jiro Nishikawa
    Purification and Characterization of a Calcium Carbonate-Crystal-Growth Inhibitor from Bacterium in Antarctic Lake Vanda, Cryobiology and Cryotechnology, 50, 47-54 (2004).
  45. H. Obata, N. Shiga, T. Takemura, H. Kawahara, Y. Yamamoto: Properties of Cell-Free Ice Nuclei from a Novel Ice Nucleation-Active Heterodermia obscurata (Nyl.) Trevis. Lichenology, 5, (1), 37-44 (2006).
  46. H. Kawahara, T. Takemura, H. Obata
    Functional Analysis and Screening of Antifreeze Material from Fungi, Cryobiology and Cryotechnology, 52(2), 151-155 (2006).
  47. H. Kawahara, Y. Iwanaka, S. HigaB, N. Muryoi, M. Sato, M. Honda, H. Omura, H. Obata
    A Novel, Intracellular Antifreeze Protein in an Antarctic Bacterium, Flavobacterium xanthum, Cryo. Letters, 28(1), 39-49 (2007).
  48. K. Funakoshi, T. Inada, T, Tomita, H. Kawahara, T. Miyata
    Thermal hysteresis induced by ammonium polyacrylate as antifreeze polymer, J. Crystal Growth, 310, 3342-3347 (2008).
  49. H. Kawahara, N. Omori, H. Obata
    Cryoprotective activity of mannoprotein from the cell membrane of Pichia anomala, Cryo. Letters, 29, 437-445 (2008).
  50. H. Kawahara, Y. Tokuno, M. Sakamoto, H. Obata, M. Suzuki, S. Makishima, T. Uraji
    Cryoprotective Activity of Shortened Locust Bean Gum Prepared by Using Food Yeast Candia utilis, Jpn. J. Food. Eng., 9, 289-298 (2008).
  51. H. Kawahara, A. Fujii, M. Inoue, S. Kitao, J. Fukuoka, H. Obata
    Antifreeze activity of cold acclimated Japanese radish and purification of antifreeze peptide., Cryo. Letters, 30(2), 119-131 (2009).
  52. H. Kawahara, S. Higa, H. Tatsukawa, H. Obata
    Cryoprotection and cryosterilization effects of type I antifreeze protein on E. coli cells. Biocontrol Sci., 14(2), 49-54 (2009).
  53. N. Horike, A. Kumagai, Y. Shimono, T. Onishi, Y. Itoh, T. Sasaki, K. Kitagawa, O. Hatano, H. Takagi, T. Susumu, H. Teraoka, K. Kusano, Y. Nagaoka, H. Kawahara, H. Takemori
    Downregulation of SIK2 expression promotes the melanogenic program in mice. Pigment Cell Melanona Res., 23, 809–819 (2010).
  54. Kumagai, N. Horike, Y. Satou, T. Uebi, T. Sasaki, Y. Itou, Y. Hirata, K. U-Yamada, Kitagawa, S. Uesato, H. Kawahara, H. Takemori, Y. Nagaoka
    A potent inhibitor of  SIK2, 3, 3′, 7-trihydroxy-4′-methoxyflavon (4′-O-methylfisetin), promotes melanogenesis  in B16F10 melanoma cells. PLos One, 6, 1-10 (2011).
  55. T. Uebi, Y. Itoh, O. Hatano, A. Kumagai, M. Sanosaka, T. Sasaki, S. Sasagawa, J. Doi, K. Tatsumi, K. Mitamura, E. Morii, K. Aozasa, T. Kawamura, M. Okumura, J. Nakae, H. Takikawa, T. Fukusato, M. Koura, M. Nish, A. Hamsten, A. Silveira, A. M. Bertorello, K. Kitagawa, Y. Nagaoka, H. Kawahara, T. Tomonaga, T. Naka, S. Ikegawa, N.Tsumaki, J.Matsuda, H. Takemori
    nvolvement of SIK3 in glucose and lipid homeostasis in mice. PLos One 7(5):e37803 (2012).
  56. C. Moukamnerd, Y. Katakura, H. Kawahara: Feasibility study of ethanol production from food  wastes by consolidated continuous solid-state fermentation. Journal of Sustainable Bioenergy  Systems. 3, 143-148 (2013).
  57. N. H. F. Hashim, I. Bharudin, D. L.S. Nguong, S. Higa, F. D. A. Bakar, S. Nathan, A. Rabu, H. Kawahara, R. Md. Illias, N. Najimudin, N.M. Mahadi, A. M. A. Murad
    Characterization of Afp1, an antifreeze protein from the psychrophilic yeast Glaciozyma antarctica PI12. Extremophiles, 17, 63-73 2013. (2013).
  58. Kawahara H., Hirai A., MInabe T., Obata
    Stabilization of astaxanthin by a novel biosurfactant produced by Rhodotorula mucilaginosa KUGPP-1. Biocontrol Sci. 18, 21-28 2013 (2013).
  59. Kumagai A, Fujita A, Yokoyama T, Nonobe Y, Hasaba Y, Sasaki T, Itoh Y, Koura M, Suzuki O, Adachi S, Ryo H, Kohara A, Tripathi LP, Sanosaka M, Fukushima T, Takahashi H, Kitagawa K, Nagaoka Y, Kawahara H, Mizuguchi K, Nomura T, Matsuda J, Tabata T, Takemori H. Altered
    Actions of Memantine and NMDA-Induced Currents in a New Grid2-Deleted Mouse Line.
    Genes (Basel). 5(4):1095-114 (2014).
  60. NHF. Hashim, S. Sulaiman, FDA. Bakar, RM. Illias, H. Kawahara, N. Najimudin、NM. Mahadi, AMA Murad
    Molecular cloning, expression and characterization of Afp4, an antifreeze protein from Glaciozyma antarctica. Polar Biol., 37, 1495-1505 (2014).
  61.  Yamahara M, Sugimura K, Kumagai A, Fuchino H, Kuroi A, Kagawa M, Itoh Y, Kawahara H, Nagaoka Y, Iida O, Kawahara N, Takemori H, Watanabe H. Callicarpa longissima extract, carnosol-rich, potently inhibits melanogenesis in B16F10 melanoma cells. J. Nat. Med. 70, 28-35 (2016).
  62. Itoh Y, Nagaoka Y, Katakura Y, Kawahara H, Takemori H. Simple chronic colitis model using hypopigmented mice with a Hermansky-Pudlak syndrome 5 gene mutation. Pigment Cell Melanoma Res. 29, 578-582 (2016).
  63. Kawahara H, Matsuda Y, Sakaguchi T, Arai N, Koide Y. Antifreeze Activity of Xylomannan from the Mycelium and Fruit Body of Flammulina velutipes. Biocontrol Sci. 21, 153-159 (2016).
  1. 河原秀久、好酸性従属栄養細菌の耐酸性機構、技苑、60、34-39(1991).
  2. 河原秀久、まだ発見できる新規プロテアーゼ?、日本生物工学会誌、71(5)、366(1993).
  3. 河原秀久、微生物酵素による食品廃棄物の再利用、日本醸造協会誌、89(5)、355-363(1994).
  4. 河原秀久、高橋宏幸、小幡 斉、岡村英喜、片岡二郎、Aspergillus属細菌を用いた醤油粕の可溶化について(技術報告)、日本醤油研究所雑誌、22、116-121(1996).
  5. 河原秀久、小幡 斉、バイオコンバージョン技術による産業廃棄物の再資源化、技苑、91、38-91(1997).
  6. 河原秀久、小幡 斉、水の凍結を阻む細菌のタンパク質、化学と生物、35、679-681(1997).
  7. 河原秀久、小幡 斉、食品加工廃棄物のリサイクル-アワモリ菌由来複合酵素の応用-、バイオインダストリー、15(3)、13-20 (1998).
  8. 山出和弘、楠瀬裕一、河原秀久、小幡 斉、低温生物工学会誌、46、58-63(1999).
  9. 河原秀久、小幡 斉、不凍タンパク質の現状と応用可能性、技苑、111、47-54(2002).
  10. 河原秀久、小幡 斉、微生物由来のカルシウム塩結晶制御タンパク質の機能解析、バイオインダストリー、19(6), 5-16 (2002).
  11. 河原秀久、小幡 斉、凍結に挑む細菌の知恵を追って-氷を操る不思議なタンパク質-、化学、57(10)、12-16(2002).
  12. 河原秀久、南極の微生物資源-ロマンを求めて-、大津市医師会誌、27(3)、113-116 (2004).
  13. 河原秀久共著、”ストレスに対する微生物の応答と抵抗性化-低温-” 食品のストレス環境と微生物、サイエンスフォーラム発行(2004)
  14. 小幡 斉、河原秀久 氷結晶を制御する微生物、日本防菌防黴学会誌、32巻、No.6,
    p29-37 (2004).
  15. 河原秀久、共著‘ストレスに対する微生物の応答と抵抗性化 低温’編集委員 伊藤武、森地敏樹 「食品のストレス環境と微生物 -その挙動・制御と検出ー- 」サイエンスフォーラム出版
  16. 河原秀久、小幡 斉 氷結晶制御物質を利用した保存技術、フードジャーナル、44, 49-54 (2005).
  17. 河原秀久、長岡康夫、小幡 斉 そば殻成分が有する生理活性の検索とその構造、環境技術、34巻、2-7 (2005)
  18. 河原秀久 自然界における微生物共生系とその利用、工学と技術、13巻、67-71 (2005).
  19. Hidehisa Kawahara: “Cryoprotectant and Ice-Binding Proteins” p.229-246., R. Margesin, F. Schinner, J-C, Marx and C. Gerday ed.,  Psychrophiles :From Biodiversity to Biotechnology, Springer press, 2008.
  20. 河原秀久:不凍タンパク質の構造と機能および類似活性を有する合成高分子、高分子、58巻、429-532 (2009).
  21. 河原秀久 共著‘氷核活性の測定と氷核タンパク質の精製‘‘抗氷核活性物質の精製と定量‘‘不凍化タンパク質の精製と定量‘‘細胞膜(生体膜)の単離‘、編者 積木久明、田中一裕、後藤三千代 「昆虫の低温耐性‐その仕組みと調べ方‐」岡山大学出版会 (2010).
  22. 河原秀久 植物由来不凍タンパク質の分布とその機能 フードケミカル 322巻 79-86  (2012).
  23. 河原秀久 共著‘バイオではどんな生物を研究するの? P4-5’  ‘どうしてご飯を食べなくちゃいけないの? P22-23’  編者(公社)日本生物工学会「ひらく、ひらく、バイオの世界」14歳からの生物工学入門.
  24. Hidehisa Kawahara “Characterizations of Functions of Biological Materials Having Controlling-Ability Against Ice Crystal Growth” p.119-144, S.O> Ferreira ed., Advanced Topics on CRYSTAL GROWTH, INTEC press, 2013.
  25. 河原秀久 共著‘不凍タンパク質生産細菌’編者(公社)日本冷凍空調学会「冷凍空調便覧 Ⅳ巻 食品・生物編」(2013).
  26. Hidehisa Kawahara: “Cryoprotectant and Ice-Binding Proteins” p.237-257., R. Margesin, F. Schinner, J-C, Marx and C. Gerday ed.,  Psychrophiles :From Biodiversity to Biotechnology Second Edition, Springer press, 2017.

凍結保護物質とその利用

  • 特許出願番号
    特願2000-059444
    特許公開番号
    特開2001-139599
    特許番号
    第4334719号
    特許登録日
    2009/07/03

凍結による澱粉老化を防止する方法

  • 特許出願番号
    特願2002-057912
    特許公開番号
    特開2003-250473
    特許番号
    第3854176号
    特許登録日
    2006/09/15

'氷結晶成長阻害活性を有する担子菌の培養液

  • 特許出願番号
    特願2003-066826
    特許公開番号
    特開2004-275008
    特許番号
    第3993521号
    特許登録日
    2007/08/03

穀物種子抽出物およびその用途

  • 特許出願番号
    特願2003-338163
    特許公開番号
    特願2003-338163
    特許番号
    第4547545号
    特許登録日
    2010/07/16

デンプン分解酵素阻害活性を有する蕎麦殻エキス

  • 特許出願番号
    特願2004-032125
    特許公開番号
    特開2005-220110
    特許番号
    第4776171号
    特許登録日
    2011/07/08

メイラード反応阻害剤

  • 特許出願番号
    特願2005-073264
    特許公開番号
    特開2006-256977
    特許番号
    第4897229号
    特許登録日
    2012/01/06

共生微生物を用いた醤油粕の分解方法

  • 特許出願番号
    特願2006-002632
    特許公開番号
    特開2007-181436
    特許番号
    第4693169号
    特許登録日
    2011/03/04

冬野菜スプラウトからの機能性抽出物の製造及びその用途

  • 特許出願番号
    特願2005-372513
    特許公開番号
    特開2007-169246
    特許番号
    第4813174号
    特許登録日
    2011/09/02

赤色酵母由来の乳化剤

  • 特許出願番号
    特願2006-039651
    特許公開番号
    特開2006-255692
    特許番号
    第4950511号
    特許登録日
    2012/03/16

抗菌性のある不凍タンパク質含有植物抽出物

  • 特許出願番号
    特願2006-307997
    特許公開番号
    特開2008-120745
    特許番号
    第5009594号
    特許登録日
    2012/06/08

低分子化処理を施したガラクトマンナンおよびその製造ならびにその使用方法

  • 特許出願番号
    特願2006-331145
    特許公開番号
    特開2008-143986
    特許番号
    第5416882号
    特許登録日
    2013/11/22

アミノ脂質の製造方法

  • 特許出願番号
    特願2006-298832
    特許公開番号
    特開2008-113590
    特許番号
    第5049556号
    特許登録日
    2012/07/27

乳化剤

  • 特許出願番号
    特願2007-009411
    特許公開番号
    特開2007-216218
    特許番号
    第5273633号
    特許登録日
    2013/05/24

カルシウム結晶化阻害タンパク質(Bacillus amyloliquefaciens由来)

  • 特許出願番号
    特願2007-192545
    特許公開番号
    特開2009-27939
    特許番号
    第5196469号
    特許登録日
    2013/02/15

餡粕抽出エキスの抗氷核活性

  • 特許出願番号
    特願2008-296523
    特許公開番号
    特開2010-121052
    特許番号
    第5322602号
    特許登録日
    2013/07/26

氷結晶化阻害物質及びその利用

  • 特許出願番号
    特願2008-272833
    特許公開番号
    特開2009-131246
    特許番号
    第5155817号
    特許登録日
    2012/12/14

低温馴化エノキタケ菌糸の肝機能保護作用

  • 特許出願番号
    特願2009-240520
    特許公開番号
    特開2011-084537
    特許番号
    第5498754号
    特許登録日
    2014/3/14

植物由来氷結晶化阻害剤

  • 特許出願番号
    特願2009-138459
    特許公開番号
    特開2010-285359
    特許番号
    特許登録日

カイワレ大根由来氷結晶化阻害タンパク質

  • 特許出願番号
    特願2010-105847
    特許公開番号
    特開2011-231089
    特許番号
    特許登録日

氷再結晶化抑制活性を有する種子タンパク質

  • 特許出願番号
    特願2010-105846
    特許公開番号
    特開2011-231088
    特許番号
    特許登録日

抗氷核活性剤及びその製造方法

  • 特許出願番号
    特願2010-140682
    特許公開番号
    特開2012-001691
    特許番号
    第5608435号
    特許登録日
    2014/9/5

メラニン生成抑制剤、化粧剤、皮膚外用剤、医薬部外品および抗癌剤

  • 特許出願番号
    特願2010-142601
    特許公開番号
    特開2012-006853
    特許番号
    特許登録日

粘度低下方法および粘度低下剤

  • 特許出願番号
    特願2010-151821
    特許公開番号
    特開2012-12533
    特許番号
    第5658929号
    特許登録日
    2014/12/5

担子菌由来の氷結晶化阻害剤

  • 特許出願番号
    PCT/JP2011/068364
    特許公開番号
    WO2012/026339
    特許番号
    第5881118号
    特許登録日
    2016/02/12

乳化剤

  • 特許出願番号
    特願2010-248464
    特許公開番号
    特開2011-115160
    特許番号
    第5839316号
    特許登録日
    2015/11/20

植物種子由来の氷結晶化阻害物質

  • 特許出願番号
    PCT/JP2012/055460
    特許公開番号
    WO2012/121172
    特許番号
    特許登録日

PPARδ活性化剤およびPPARδ活性化剤の製造方法

  • 特許出願番号
    特願2011-250865
    特許公開番号
    特開2013-103926
    特許番号
    特許登録日

エノキタケ由来ハイドロフォビン

  • 特許出願番号
    PCT/JP2013/063296
    特許公開番号
    特許番号
    特許登録日

チロシナーゼ誘導抑制剤及びメラニン合成抑制剤

  • 特許出願番号
    特願2012-249917
    特許公開番号
    特開2014-97945
    特許番号
    特許登録日

美白剤

  • 特許出願番号
    特願2013-135294
    特許公開番号
    特開2014-76984
    特許番号
    特許登録日

界面活性剤の製造方法

  • 特許出願番号
    特願2013-010967
    特許公開番号
    特開2014-140813
    特許番号
    第6055683号
    特許登録日
    2016/12/9

過冷却促進剤、過冷却促進剤の製造方法、抗凝固性組成物、及び、抗凝固性組成物の製造方法

  • 特許出願番号
    特願2013-169606
    特許公開番号
    特開2015-38170
    特許番号
    特許登録日

紅麹色素製剤、及びその製造方法

  • 特許出願番号
    特願2014-195197
    特許公開番号
    特開2016-065158
    特許番号
    特許登録日

植物の保存処理方法、及び、保存処理品

    • 特許出願番号
      特願2014-237912
      特許公開番号
      特開2016-098209
      特許番号
      特許登録日

コーテイング用組成物

      • 特許出願番号
        特願2015-78324
        特許公開番号
        特開2016-199614
        特許番号
        特許登録日

食品の褐変化抑制剤

        • 特許出願番号
          特願2016-131996
          特許公開番号
          特開2017-12168
          特許番号
          特許登録日

受賞・その他

 
表彰年月日 表彰名称 表彰業績名 表彰主催団体名 受賞者氏名
平成28年4月20日 科学技術賞 理解増進部門 「体感型理科教育による分野横断かつ世代縦断型教育の普及啓発」 文部科学省 倉田純一、寺﨑文生、辻坊裕、河原秀久、山本健
平成27年5月22日 学の実化賞 「エノキタケ由来 不凍多糖の量産化」 関西大学科学技術振興会 河原秀久
平成27年4月15日 科学技術賞 開発部門 「革新的冷凍食品品質剤不凍タンパク質含有エキスの開発」 文部科学省 株式会社香寺ハーブ・ガーデン、有限会社ビック・ワールド、株式会社カネカ、河原秀久
平成26年8月28日 工学教育賞 「理工学主導の医学・薬学・看護学連携教育とその基盤形成に連動した学校理科縦貫教育の先進的活動」 (公法)日本工学教育協会 倉田純一、河原秀久、山本 健、坂元 仁
平成26年3月17日 オーディエンス賞 モノ部門 「大学の研究と伝統和菓子技術からなる“アスリート”のための「お餅」」 (一社)ナレッジキャピタル 関西大学微生物工学研究室(河原秀久)、前田昌宏
平成24年5月25日 審査員特別賞 「産学連携 展示ブース 不凍タンパク質」 食品科学新聞社 株式会社カネカ 関西大学微生物工学研究室(河原秀久)
平成23年5年23日 学術貢献賞 「学術研究および学会運営活動」 日本防菌防黴学会 河原秀久
平成18年5年27日 産学連携賞 「不凍タンパク質含有大根葉エキスの製造技術の開発」 関西大学科学技術振興会 福岡譲一、河原秀久
平成17年5月28日 学の実化賞 「不凍たん白質の製造技術の開発など」 関西大学科学技術振興会 河原秀久
平成13年3月27日 BBB論文賞 「A cold acclimation protein with refolding activity on frozen denatured enzyme」 日本農芸化学会 河原秀久 幸田紀子 大塩美香 小幡 斉

新聞掲載

        1. 2016年10月25日掲載 冷食タイムス(4面)「”凍らない”技術を研究 関西大の河原教授 風味長く保つ」
        2. 2016年10月25日掲載 冷食タイムス(3面)「TVガイアが特集 ラジオでも紹介 冷凍食品の日 当日放送」
        3. 2016年10月20日掲載 食品化学新聞(1面)「過冷却促進物質を実用化」
        4. 2016年10月20日掲載 日刊工業新聞(24面)「氷結晶の制御技術活用 関西大、VB2社設立」
        5. 2016年10月13日掲載 大阪日日新聞(20面)「関大開発の『氷結晶制御技術』 ベンチャーが活動開始」
        6. 2015年12月1日掲載 日経新聞電子版「できたて和食をそのまま世界に 冷凍技術に革命」
        7. 2015年1月19日掲載 日本経済新聞 「接着タンパク質量産」
        8. 2014年10月9日掲載 食品化学新聞(1面)「不凍多糖の量産に成功 カネカ 関西大学河原教授 エノキから抽出」
        9. 2014年10月3日掲載 読売新聞(10面)「エノキタケで冷凍美味」
        10. 2014年10月3日掲載 産経新聞(8面)「エノキから抽出不凍多糖 解凍後もおいしさそのまま」
        11. 2014年6月2日掲載 読売新聞(13面)「不凍たんぱく質効果 解凍後もおいしい」
        12. 2014年5月26日掲載 朝日新聞(23面)「化学生命工学部×商学部 冷凍お餅を開発・販売」
        13. 2014年2月28日掲載 読売新聞(32面)「つきたての食感 長もち アスリート向け解凍してもおいしく」
        14. 2014年2月25日掲載 毎日新聞(26面)「堺の菓子店と関大が餅開発 柔らか冷凍 日もち良く」
        15. 2014年2月14日掲載 朝日新聞(31面)「冷凍→解凍後もモチモチ アスリート餅」
        16. 2012年4月29日掲載、日本経済新聞(17面)、「不凍タンパク質応用進む」
        17. 2012年3月13日掲載 毎日新聞(11面)「冷凍してもおいしさ維持」
        18. 2012年3月13日掲載 読売新聞(37面)「冷凍してもうまい 関大、カネカ食品添加物開発」
        19. 2012年3月13日掲載 朝日新聞(6面)「冷凍麺の劣化防ぐ」
        20. 2012年3月13日掲載 日経産業新聞「日経テレコム21」(10面)「冷凍食品の風味保つ 関大とカネカ たんぱく質を利用」
        21. 2012年3月13日掲載 日本経済新聞(13面)「不凍たんぱく質を発売」
        22. 2011年5月21日掲載 読売新聞(2面)「ひと人抄 水分保つ冷凍食技術」
        23. 2011年5月5日掲載 食品化学新聞(5面)「酒粕由来の新素材開発」
        24. 2010年12月6日掲載 日本経済新聞(11面)「メラニン合成の制御の働きを解明」
        25. 2010年1月4日掲載 毎日新聞(29面)「エノキタケ『菌糸』低温培養 メタボ予防に効果」
        26. 2009年12月11日掲載 産経新聞(夕刊10面)「メタボ対策のエノキタケ」
        27. 2009年11月26日掲載 食品産業新聞(2面)「不凍タンパク質の市場展開を本格化」
        28. 2009年11月19日掲載 日刊工業新聞(12面)「不凍たんぱく質 冷凍品向け販売」
        29. 2009年11月16日掲載 化学工業日報(1面)「カネカ 不凍たん白質事業化」
        30. 2003年11月21日掲載 毎日新聞(夕刊2面)「関大の特許でベンチャー設立 不凍たんぱく質実用化を目指す」
        31. 2002年5月20日掲載 日刊水産経済新聞「水産テクノ情報 不凍タンパク質を水産にも応用」
        32. 2002年3月13日掲載 日刊工業新聞(7面)「細胞破壊防ぐAFP」
        33. 2002年3月7日掲載 日経産業新聞(10面)「不凍タンパク質 ワカサギから抽出」
        34. 2002年3月6日掲載 毎日新聞「ワカサギから「鮮度」抽出」
        35. 2002年3月6日掲載 朝日新聞(3面)「不凍タンパク質量産の道」
        36. 2001年9月4日掲載  産経新聞(1面)「21世紀の食卓 不凍タンパク質 味をそこねず長期保存」
        37. 2001年4月18日掲載 読売新聞夕刊(5面)「新世紀の科学者たち 凍結から身を守る細菌の戦略と応用」

テレビ番組出演

        1. テレビ東京 ガイアの夜明け「食の常識を変える!凍らせてナゼうまい」2016年10月18日
        2. テレビ大阪 かがくdeムチャミタス!「大実験!凍らせてもおいしい食べ物は?」2016年6月19日
        3. NHK サキどり↑「野菜を世界に連れてって!”鮮度保持技術”」 2016年2月14日
        4. NHK国際 「サイエンスビュー」 2016年1月6日
        5. BS-フジ 「革命のイズム」2015年10月30日
        6. BS-TBS 「未来の起源」 2015年8月2日
        7. よみうりテレビ かんさい情報ネットten 2015年7月29日
        8. 毎日放送 VOICE 2015年7月7日
        9. TBS 夢の扉+ 2015年6月21日
        10. NHK サイエンスZERO 2015年6月14日
        11. フジテレビ ホンマでっか!?TV 2015年5月13日
        12. 毎日放送 VOICE 2015年2月10日
        13. よみうりテレビ かんさい情報ネット 2014年4月30日
        14. NHK サイエンスZERO 「冷凍革命!水を凍らせない?謎の物質
        15. 関西テレビ FNNスーパーニュースアンカー 2013年11月11日
        16. テレビ朝日 モーニングバード アカデミヨシズミ 2012年11月26日
        17. テレビ大阪 ニュースBIZ 2012年4月23日